一人暮らしはよく暮らすには

一人暮らしというのは、あなたのイメージはどうなりますか?若い時には親元を離れて自由を満喫するためにする一人暮らしは、嬉しいという方が多いですが、そうでなくできればしたくないのに一人暮らしをする方も多くいます。


親と一緒に住んでいれば、炊事洗濯はやってもらえたりして助かるのに、一人で生活をしなければならないこともあります。勤める会社が遠ければ、とうぜんそうなるわけです。あるいは、家族と離れて単身赴任をするから一人暮らしをすることになる方もいらっしゃいます。持ち家になると、転勤をすることになると、家族はせっかくの家を離れられなくなったり、子供の学校も転校をさせたくなければ単身赴任になります。始める理由はともかくとして、充実した生活を送りたいと思いますね。

一人暮らしが喜びか悲しみかは人によって違いますが、考えなければならないことはほとんど同じです。まず、住む所を見つけて、引越しをしますが、その引越しを安くあげたいと思いますね。引越し費用というのは数万円ですむときもありますが、数十万もかかる引っ越しもあります。業者によって違いますし、同じ業者でも引っ越しのやり方で異なっています。引越し費用シュミレーションについては、語りましたので参考にしてください。

とにかく一人暮らしというと、家族と離れて暮らす単身赴任でしたら2世帯になったからやはり出費が増えてきますし、あるいは両親の元で暮らしていたのを離れて暮らすのも、自分で費用を賄うことの大変さを身にしみます。お金持ちで仕送りをいっぱいしてくれるのならひとり暮らしも天国かもしれませんが、多くの方はお金を節約することが必要になります。つまり一人暮らしをすると、いくらお金が必要かが、切実にわかってきます。

費用は、借りる部屋の家賃が住居費が一番多いかもしれません。広い部屋や交通の便のいい家は当然高くなりますから、ほんとうに自分に必要なところに住むようにしないと、生活が苦しくなってしまうかもしれません。

それから毎日の食事の費用、そして電気・ガス・水道という光熱費が誰でもかかります。それに携帯電話・スマートフォンの費用もばかになりませんから、お金を無駄にしないように生活をしないとなりません。


また一人暮らしが始めてだと、食事を全部外食というかたがけっこう多いですが、やはり電子レンジがありますから、自分の部屋でも食事はできます。そして野菜をとったりして、栄養もある程度は考えないと恐ろしい生活習慣病が待っています。生活習慣病というのは、1年や2年では症状は出ませんから気がつかないのですが、栄養の偏りとかは徐々にですが確実にあなたの身体を蝕んでいるのです。

一人暮らしにはメリットもたくさんありますから、デメリットを最小限にして、よい暮らしするようにしてください。